自分のパソコンでWordPressを動かす方法WordPressをローカル環境で動かすLOCALの使い方

WordPressをレンタルサーバーなどのウェブ環境ではなく

自分のパソコン内で動かす方法の解説です。

 

WordPressをローカル環境で動かす方法はいろんな方法があるのですが、このlocalというフリーソフトを使う方法が最も簡単だと感じています。

localのインストール方法

Local by Flywheel | Local WordPress development made simple
Local by Flywheel is a free local development environment designed to simplify the workflow of WordPress developers and designers. Download it for free today!

localのサイトでlocal本体をダウンロード

この際、メールアドレスと管理サイト数が必須入力項目になっています。

入力するとダウンロード開始します。

 

ダウンロードしたlocalをインストールするアプリ(.exe)を起動します。

インストールファイルを起動すると以下のようにインストールが開始されます。

※この際インストールされるのは

VirtualBox

Host Machine

の2つのソフトです。

 

localのインストール作業が終わりました。

 

localを起動します。

 

localの使い方

インストールされたlocalをダブルクリックするとローカル環境可動ソフトlocalが起動します。

 

ここでCREATE ANEW SITEをクリックしてサイトを作成します。

 

これは普段レンタルサーバーで入力するような感じで入力してもいいですし、適当でもいいです。

管理者IDEALLYとパスワードだけ忘れないように。

 

蒸気入力後

ADD SITEをクリックするとWordPressのインストールが始まります。

 

 

インストールが完了すると

さきほど名前をつけたサイト名で左のサイドバーに管理サイトが表示されます。

 

 

今回のサンプルとして

localsite1.comというサイト名で作成した事例

 

以下のように

サーバーはngnix

PHPバージョン7.2.9

MtSQLバージョン5.7.23

WordPressバージョン 5.1.1

サイト名、サイトドメイン、サイトパス、マルチサイト構成

といった情報が表示されます。

 

 

ここで自分のパソコン内でWordPressが動く環境が完成しました。

WordPressの動作ファイルはここにあります

※インストール先の操作なしでデフォルトの場合

 

 

 

完成したWordPressサイト

 

通常のWordPressインストールと同じ雰囲気でインストールが完了しています。

 

 

 

プラグインがインストールできない

Windows10環境で

日本語環境の場合、WordPressの管理画面からの操作でプラグインがインストール出来ない状態になりました。

 

このとき、プラグイン管理画面や、ログインしている管理人の名称が不自然な日本語やカナ文字で表示されているはずです。

 

これを改善するために、WordPressの管理画面から

設定→サイトの言語

で日本語設定を行います。

 

 

日本語設定が完了すればいつも借りているレンタルサーバーで動いているのと同じWordPress環境になります。(PHOが最新で動くサーバーmixhost、Jetboy、エックスサーバーあたりと同じ動きしてます)

 

アフィリエイトのバックアップ用として使う

ここからは個人的な使い方の共有です。

 

私のサイトは2018年8月1日、2019年3月15日あたりにGoogleで検索圏外へ飛ばされたものがあります。

けっこう多くのサイトが飛ばされて悲痛な状況です^^;

 

そんな飛ばされたサイトがSIRIUSで作成したものならローカル環境のものを別ドメインへうまく載せ替えればリカバリーができることもあります。

 

しかし、

WordPressサイトの場合、ここ1年ほどは「そのまんま載せ替え」すると載せ替え先のドメインがGoogle八分をくらってしまいがちです。

※Google八分とは:検索インデックスから削除されること

 

 

そのため、そのまんまドメイン載せ替えるのではなく、コンテンツのソースを改変するなど微調整を施して載せ替えたい。

 

そんな思いもあり、ペナったサイトをウェブ上から一旦消して

ローカル環境でじっくり調整できる状態を作る。

そして、使いたいコンテンツを別のドメインなんかで切り貼りしてリサイクルする。

 

そんな使い方をする際にはこのローカル環境は非常に有効です。

 

ローカル環境へペナったサイトをまるごとごっそり移転する方法

WordPressのまるごと引っ越しプラグインAll in One WP Migrationを使います。

大きめのサイトの場合は有料の追加プラグインで簡単に対応できます。

 

WordPress引越方法はこちらにまとめています

WordPressサイト(ブログ)の移転代行サービスと最も簡単な移行引越し方法の解説
WordPressの移行、引越し作業は非常に簡単な時代になりました。 それでも WordPressサイト(ブログ)の引越し作業を自分でするのは不安だ。 WordPress移転引っ越し代行サービスを使うか迷ってる。。 ...

 

 

以上、

自分のパソコン内でWordPressを動かす方法

ローカル環境でWordPressを動かすために必要な

  • localのインストール方法
  • localの使い方
  • 元のサイトの移転方法

の解説でした。

 

ローカルで作業したサイトデータは同じAll in One WP Migrationで好きなドメインへざっくりそのまま載せ替えれるので同じような苦境で悩まされている方やローカル環境でWordPressを動かしたい方は是非試してみるといいですよ。