記事作成代行で外注ライターを探すならランサーズが一番安いWEBライティングの相場

ここ数年、クラウドソーシングという言葉を良く耳にします。

クラウドソーシングとは、

わかりやすく表現するとインターネットを介して仕事(作業)を外注することを意味します。

最近はWEBライティングの多くがこういったクラウドソーシングで受発注が行われています。

SEO業者やアフィリエイトでは常識の記事作成外注

アフィリエイトをしていく中でSEOはどうしてもつきまとってきます。

本来のSEOはGoogleが推奨する手法の範囲で行うことが基本です。

しかしながらアフィリエイトの世界で検索結果で自分のサイトを目立たせようと考えるとGoogleが禁止するような自作の外部リンクや自作のサテライトサイトからメインサイトへの誘導など「検索結果を操作するようなリンク」というものを作らざるをえない現実があります。

サテライトサイトの複数作成に際して外注ライターを使う

メインサイトというのはアフィリエイトしたい商品を売り込むためのサイトであり、検索結果でも露出力を強化した力のこもったサイトになることが多いはずです。

一方、「いわゆるSEO(外部から自作でリンクを送る行為」でもサテライト的な役割を果たす衛星サイトにもコンテンツ(ウェブライティング記事)が必要になります。

その衛星サイトの記事をアフィリエイターが自分自身で全て書くには時間的、物理的に無理が出やすくなります。特に競合激しい美容や金融系の報酬が大きくなりがちなジャンルではアフィリエイターが記事を作成するに際しての苦労の激しさは如実です。

そこで生まれた記事作成外注という文化

SEO面(オーガニック検索)でサイトを露出させるため、リンク元に使う衛星サイトの記事を作るためアフィリエイトの世界では衛星サイトの記事を外注(外部のライターに発注)する文化が生まれました。

ある頃からSEO業者もそういったアフィリエイターの行動を真似てサービス提供用のリンクファームになるサイトの記事作成を外注したりアルバイトを雇用して大量に記事作成する文化が生まれました。

ライター募集掲示板で作業の外注→クラウドソーシングへ

昔はライター募集掲示板で記事書きライターを探していました。記事作成だけでなくロゴ作成やホームページ作成もインターネットを介してハンドルネームでやりとりするような文化が生まれました。

その結果こういったネットを介してライティングやweb制作に関わる作業を発注する際の仲介サービスが生まれました。

クラウドソーシングといえばランサーズ

ランサーズで記事作成代行

クラウドソーシングといえばランサーズ。
ウェブライティング記事外注といえば
クラウドソーシング「ランサーズ」

そう言えるくらいランサーズでWEBライティングのクラウドソーシングは活発です。実際私も記事外注やパンフレット作成でランサーズを介して制作作業を外注したことが何度もあります。

ランサーズでの記事外注手順

ランサーズ内で記事作成代行をするには2種類の発注方法があります。

  • ひとつはタスク方式
  • ひとつはプロジェクト方式

どちらにもメリット、デメリットはあります。

アフィリエイト用の記事作成に関して、サテライト用であればタスク方式

本サイト用コンテンツであればプロジェクト式でライターをしっかりと選別する。

こういった使い方が一般的なのではないかと思います。

プロジェクト方式でライターを探して、サイト作成の方向性やサイトが獲得したい閲覧者のイメージをしっかりとディレクションできればランサーズでの外注費用はとても安く収められます。

記事作成代行の相場は1文字1円

通常、記事作成代行業者へ発注すると1文字単価で1円というのが相場です。

ランサーズではタスク式なら1文字0.25円、

プロジェクト方式で0.8円くらいが相場です。

ランサーズで記事作成外注をする際のポイント

まずは爬虫するあなた自信が作成する文章の

  • キーワード
  • サブキーワード
  • 記事のニュアンス
  • 作成文字数

を決めてから発注する必要があります。

その上で

  • コピーコンテンツの禁止
  • コピーコンテンツのチェック作業
  • 著作権違反の確認

という納品後の確認作業が必要となります。

もちろん面倒なのでこういう作業を飛ばしてもいいのですが、ランサーズでタスク方式で記事作成を依頼するとけっこうな確率でネット上の他人のコンテンツをリライトしただけ、あるいはほぼそのままパクったものが入稿されてしまいます

リライトチェックツール(コピペチェックツール)というものもあるので記事作成を外注するのであればこういったものも使えるスキルが必要です。

コピーコンテンツはGoogleでひどく評価を下げられますし、他人の著作物を盗用することは違法です。その違法は外注ライターの責任にすることは出来ません。コンテンツを公開したあなたに責任が付きまとってきます。

そのため中級以上のアフィリエイターの多くが他のチェックツールと比べて比較的制度が高いこのコピペチェックサービスを使っています。

つまりクラウドソーシングで自分自信で記事作成を外注するのであれば

作業発注時の脳内ディレクションに加えて、

  • 著作権チェック
  • Google重複コンテンツチェック

という作業がコンテンツ公開前に必要になります。

記事作成のすべてを代行してくれる業者もある

そういった面倒な発注作業、確認作業をすべて代行してくれるサービスもあります。

これもwebサービスなので、そのサービスに任せることでサイト管理者は自分のwebサイト企画や運営に集中することが出来ます。

記事作成代行業者一覧

追記)2018年1月

本格的にサイトのコンテンツを作るなら

煩わしいライターさんとのやりとり、発注納品、指示出しなどで丸一日潰れることもあります。

その上、クラウドサービスを使って自分でライターさんに発注するにも、思った記事が仕上がらず、投資した金額だけでなく、携わった時間までもが無駄になることも少なくありません。

クオリティに関してはサテライトサイトのバックリンク用の記事ならそれでもいいかもしれませんが、無駄に過ごした時間の損失は大きいです。自身のビジネスやメインのアフィリエイトサイトで使うコンテンツのベースを書き上げてもらうにはクラウドでの発注は役不足かつ非効率になりがちです。

最近の外注記事はクオリティが高い

最近(2017年以降)はそういった記事の企画ディレクションまで含めて記事作成を代行してくれるサービスも生まれています。自分で経験したことのないジャンルなどはなかなか読者にマッチした記事に仕上がらないものです。

そこを補ってくれるのがディレクション付きの記事作成サービスです。

こういったディレクション付きの記事作成サービスを使うとよりスムーズなコンテンツ増加計画を進められるのでオススメです。

競合が多いジャンルほど、こういった専門のディレクション付き記事作成サービスが活用されているのでスピードで負けないためにも社内でのコンテンツ作成に加えて記事作成サービスを併用することも盛んになっています。

ディレクション付きの記事作成サービス一覧

ここ数年のSEOにおける実戦現場で多くのウェブマスターに使われている記事外注の際にコンテンツ生成における実用的なサービスです。

記事作成センター

記事作成センターでは社内に複数の専門ライターを抱えており、記事作成のクオリティ、価格のバランスが非常に良いサービスです。

ガチガチのコンテンツサイトを作成する際にも、使えます。大量記事を必要とするサイトに基礎となるベース記事を一括発注する際などはここを使えばその後の作業はスムーズになるでしょう。

サイト運営に必要なジャンル特化型のライターをアサインしてくれるため、継続的な仕事依頼を考えてるサイト管理者にはオススメです。

こちらの記事作成センターでは無料サンプル記事依頼でクオリティチェックしてからの発注も可能です。

Shinobiライティング

Shinobiライティングではサービス内でそれぞれのジャンルに専門的なライターが所属登録されており、クラウドサービスよりも少しだけ専門的な記事を発注しやすい環境が整っています。

出来上がる記事のクオリティはそこそこ使えるものが多く発注が苦手な方には人気のサービスです。



記事作成代行のCROWD

クラウドではこのように発注時にキーワードやライティングに必要となりうる条件をいくつか入力するだけでサービス側がライターにディレクションを行い、その上で記事作成が行われます。お得な発注方法もあるのでオススメです。

Shinobiライティングで文字単価を下げて発注する方法

記事作成代行業者のを使うメリットは

サービスの性質上コピペチェック作業についても納品前に行われるため発注側の時間コストを考えると非情にコストパフォーマンスは高いと感じます。

無料サンプル記事依頼

お試しも可能です。

おまけ

※クオリティよりも安くアウトソーシングしたいならココナラ

以上、

記事作成を外注するにもいろいろ注意点と発注側にも作業が生まれるため、利用するサービスはそれぞれの環境に合わせて選ぶべきですね。