出会い系の検索結果について

出会い系アフィリエイトは疲れたのでもう辞めようと思います。

以下、実践して気づいたことなど

 

GoogleのYMYLアップデートで非常に厳しい状況になってきたジャンルがあります。

それは健康や医療に関するジャンルですが、一部他のジャンルでも同様に厳しさを増すジャンルがあります。

それは、

出会い系のロングテールです。

 

一般ジャンルで結果が出せなくて困っていた私は少しだけ出会い系アフィリエイトを行っています。

2017年くらいから競合が激しく低迷していましたがさらにGoogleの変動で落ち込みました。

2018年になってから検索上位は

  • TwitterとDMMの複数
  • Twitterと某掲示板サイトの複数ページ
  • TwitterとAmazonの複数ページ

こんな状況に頭を悩まされています。

 

出会い系アフィリエイトについてはあまり情報を書きたくなかったのですが、YMYLの影響や今後を見据えて参入する企業やアフィリエイターが急激に増えたように感じています。一般ジャンルよりも簡単な記事で結果を出しやすいため減った収益の埋め合わせに、、と参入が増えてるようです。

 

私は競合が多いところからは「逃げる」というパターンで生きてきていますので、出会い系は近いうちに辞めるつもりでここに一つのツールを紹介しておきます。

参入する人もいれば辞める人もいる。

これがアフィリエイトの世界なので、いつでも参加できるジャンルとも言えます。

 

※まともなSEO手法ではございません。
以下のコンテンツは正攻法では力不足な私(落ちこぼれ)がこっそり使う手法です。

 

オールドドメインと地域ロングテールで上位表示

2018年になってからは長文SEOによる上位表示も多い中、急激に検索結果を賑わしているのが地名ロングテールによる一括生成ページ。

 

特段優れたコンテンツでもないのに、なぜこのサイトが上位に、、。

 

なんて感じで悔しい思いをしております。

 

以前、書いてある通り、今やスマホでの検索結果は3回スクロールしないとオーガニック検索の結果は表示されません。

これは出会い系アフィリエイトにおいても同様で、Googleでは出会いに関する検索結果の多くは出会いアプリへ誘導するアフィリエイトサイトのリスティングページで占拠されています。

 

オーガニックで1位になってもリスティングには勝てない。

 

これはどのジャンルも同じです。

 

しかし、地名を使ったロングテールでは組み合わせるワード次第でリスティングのいないブルーオーシャンも無くなったわけではありません。

そしてそこは同時にSEOアフィリエイトサイトがズタボロに整理された検索結果になっています。

TwitterとAmazonしかいないような検索結果

TwitterのハッシュタグページやAmazonの商品検索結果のようなページが地名ロングテールに表示されたりする現状。

検索ユーザーからすれば不便です。

もっと体験談とか色んな情報にリーチしたいのになかなか見つからない。

今後は改善されるはずだと信じています。

 

とはいえ、現状はこのYMYLアップデート後の状況とあまり変わらない感じの検索結果です。

 

しかし、そこに混ざり込む一部のアフィリエイトページ。

ロングテールであからさまに

地名 + ○○ 出会い

のような3ワードレベルのワードです。

 

出会い系アフィリエイトはこのような細かなワードでもコンバージョンしますし、どちらかといえばこちらのほうがCVRは良い傾向にあります。

 

そのためか、量産系のアフィリエイターがオールドドメインでこっそり責めてるのがこういった地名ロングテールです。

こっそりなので、競合も少ないわけです。

 

地名ロングテールのページ構造

地名 + ◯○ + △△

といったワードが多い印象です。

 

そしてオールドドメインで速攻上位表示されたと思えるページが目立ちます。

ページの構造は

  1. ページ上部に出会い系サイトの比較やランキング
  2. 送客先へのリンク
  3. 中段から下部にかけては意味不明な日本語のコンテンツ

 

意味不明な日本語のコンテンツ、、。

 

ページ途中からは「なんだこれ?」となります。

 

そのコンテンツの正体は?

その意味不明なんだけど、微妙に筋の通る文脈のコンテンツ。

 

これの正体がわかりました。

 

 

PSW(パーフェクト・サテライト・ライター)による生成コンテンツです。

 

PSWについて

タイトルとURLをコピーしました