【WordPress引っ越しプラグイン】有料版で容量無制限All-in-One WP Migration Unlimited Extensionの使い方

All-in-One WP Migration Unlimited Extensionの使い方

関連記事

WordPressサイト改ざんに備えDropboxに自動バックアップ復旧が一番カンタンな方法はこれ
WordPressをDropboxへ自動バックアップする方法は こちらのプラグインを使えば無料で出来ます。 しかし、万が一、 サイト改ざんされた サイトが真っ白で動作しない サーバーがトラブ...

WordPressの一括移行ツールAll-in-One WP Migration

無料で使えて便利なのですが、移行ファイルの容量が64MBを超過すると使えません。

画像ファイルなどを移行しないなど、小技を使えば、ある程度のサイトなら無料のプラグイン状態でサイトデータの全引っ越しも可能です。

 

しかし、

やはり面倒、そして、記事数さえも多いサイトとなると話は別。

 

そこで必要になるのが有料版All-in-One WP Migration Unlimited Extension

ひとつライセンスを買えば複数のサイトで使用可能です。

 

多くのサイトを運営してる人なら引っ越しファイルの容量を気にしなくて良くなるのでWordPress引越し作業がさらにサクサク進行できます。

 

All-in-One WP Migration Unlimited Extensionの使い方

 

 

 

 

All-in-One WP Migrationからエクスポートする方法など引越し作業を行います。

 

エクスポートするAll-in-One WP Migration引越手順の解説はこちら

 

 

排出されたエクスポートファイル

 

新しいサーバー(引越し先のWordPress)へインポートします。

 

その際、下記のような

Maximum Upload size 2MB

といった表記がでます。

 

移転サイトごとに最大容量が違うのは引っ越し回数と移転時のデータ容量の影響が出ているからと思います。個人的な経験では何度も移転するとこの容量が減ってきます。

 

 

 

さて、有料版ですが

この画像にあるような「無制限版の購入」マークをクリックします。

 

あとは専用サイトで69ドル(2018年11月現在)でカード決済orペイパル決済。

 

決済が完了すると有料版プラグイン本体のダウンロード

 

決済が完了すると自動的にこのようなZipファイルがダウンロードされます。

 

 

これを引越し先のWordPressへインストールします。

 

有料版のインストール方法

 

Zipファイル状態の「有料版All-in-One WP Migration Unlimited Extension」をWordPressのプラグイン新規追加機能でアップロードします。

 

インストールはこれで完了。

 

 

あとは、無料版同様に

 

元のサイトで吐き出した引っ越し用ファイル(All-in-One WP Migration)

を引越し先のWordPressで有料版All-in-One WP Migrationから読み込みインポートするだけ。

 

作業方法は無料版と同じで、単純にインポート容量の制限がなくなる。

そんなイメージです。

 

複数サイトで作業する方には必須プラグインと言えるかも知れませんね。

有料版All-in-One WP Migration さらに便利になります。

 

 

使いまわしするので保存しておく

 

たまにしか使わないので、忘れにくい場所へ保存しておきましょう。


自分用メモ(笑)

タイトルとURLをコピーしました