Cワードのレビュー実際に使ってみた感想(共起語文章作成ソフト@サンプルあり)

このCワードというツールのレビューになります。

個人的にはメインコンテンツのリライト用ツールのような位置づけのソフトなのかな?と思い購入。

実際に使ってみた感想

 

リライトというとただのパクリみたいなイメージです。

MSRあたりがその位置づけになるみたいですが、Cワードはだいぶ違います。

本当にオリジナルコンテンツを生み出す貴重なツールです。

 

Cワードは共起語を利用したオリジナルコンテンツ

 

Cワードはキーワード出現頻度から自動でコンテンツを生成するソフトです。

例えば、

亜鉛サプリ 副作用

で検索1位のページがあったとします。

そのページのURLをSEOチェキあたりで解析します。

 

 

 

そこで生成されたキーワードを使ってコンテンツを自動生成します。

 

こんな感じで分解されたキーワードをCワードに貼り付けてオリジナルコンテンツを生成できるというものです。

 

この表に出てくる余計な言葉、「含ま」とか「あり」とかカンタンに削除してほしいワードだけでコンテンツ生成できます。

 

生成したコンテンツは日本語としては全体の意味は通じないものですが、Googleには普通に日本語に見えてるっぽいです。

特に私みたいな凡人が同様の文字数でコンテンツ書いた場合、このCワードの機械的文字列のコンテンツに負けることは間違いないだろうと思う。

そんな仕上がりです。

個人的にはこう使う

中古ドメインで使えるドメインかどうか?をまず試します。

その際、コンテンツいれるのに、わざわざ外注記事買うよりもこのCワードで共起語含んだコンテンツ入れるほうが効率よさそうです。

ときどき

商標名 + ○○

的な検索結果に変な日本語のページが現れるときあります。

あれ、

まさしくこのツールの作ったコンテンツでした(笑)

 

すごいですね

発売はずいぶん前のツールなんですが、2019年の今でもゴロゴロこれが生み出したコンテンツが検索結果に存在しています。

 

あと、外部リンク用のサイトにコンテンツを一括で入れるならゴーストリライターやPSWから生成されたコンテンツをWordPressへ一括予約投稿するのですが、個別で記事いれたいとき、

こういう1記事をガツン!と生み出してくれるツールは助かります。

私は「おまじない」とか好きな方なので

Cワードで生成したコンテンツを、私自身が軽くリライトしてコピペする。

軽くリライトするという「おまじない」だけでいい感じのリンク元に見えるので重宝しています。

 

頑張ってコンテンツ書いても評価されない方へ

2016年頃から書けば書くほど上がる時代を経験してる方。

今って書いても書いてもなかなか結果でないですよね。

 

辛いです。。

 

うまく結果出す人もいるみたいですが、私は書いても書いても結果がなかなか出ません。

たぶん半年先には多少結果でるのかもしれませんが、数年前みたいな、「スグに結果見えそうな状況」まで、なかなか行かないのが今のグーグルの難点ですね。

 

そんな中、ブラックSEOな世界では、まだまだハイスピードな結果を見ることもできる分野があるようです。

非常にスモールワールドなロングテールな分野ですが、文才もなく、ディレクション能力も低い私のような凡人の場合、

頑張って書いた記事とサイト

これにCワードのコンテンツからリンクする

というシンプルな素人ブラックSEOでもGRCでまあまあいい動きが見れます。

 

書いても書いても結果が出ないから

何もしてないのと同じような状況が続く。

 

何もしてない状況を打破するには

一歩踏み出すしか無い

 

そんなに良いコンテンツではないし

手間かけたサイトでもないサイトがあるなら

 

軽くブラックな手法を使ってみたいものです。

ブラックな手法もけっこう手間かかります。

なので、このてのツールがあると

実験的にいろいろ試すにしても助かります。

 

ずっと稼ぎ続ける人って

こういうツールも含めて、いろんな手法を試し続けて経験値を高めてるんですね。

 

なんとなくこの日記に共感いただけた人なら

このツールは使えるはずです。

 

※ただし被リンク用のサイト5個位は持ってないと使い道ないかもです。

 

【公式サイト】

Cワード通常版120記事

 

※複数PCでご利用になりたい場合は、別途、追加ライセンスをご購入する必要あり。

 

Cワードというキーワードでコンテンツを作ってみた結果

これCワードでザクッとコンテンツ作ってみた例です。

6667文字のコンテンツを生成しました↓
この前ふと思いついて、なるほどなって思ったんですけど、サイトというのは便利なものですね。ツールっていうのは、やはり有難いですよ。アフィリエイトにも対応してもらえて、Cワードもすごく助かるんですよね。Cワードがたくさんないと困るという人にとっても、サイトっていう目的が主だという人にとっても、記事ことは多いはずです。アフィリエイトだとイヤだとまでは言いませんが、情報って自分で始末しなければいけないし、やはり形態素解析がもっとも良いという結論に落ち着いてしまうのです。
Googleの手SEO対策はまずいです。味覚音痴?アレンジャー?検索を作ってもおいしくないか、あきらかにヤバイもの。キーワードならまだ食べられますが、記事なんて、まずムリですよ。ドメインの比喩として、Cワードなんて言い方もありますが、Googleの場合もMSRと言っていいでしょう。隣の祖Google(SEO対策上手)の差し入れが有難いです。記事は結婚したら良くなると思ったのかもしれませんが、Cワード以外では私から見ても素晴らしい人だと思うので、被リンクで考えた末のことなのでしょう。レビューが上手でなく「普通」でも充分なのですが、無理な期待はしないことにします。
私はSEO対策を作るのが好きです。それはGoogleがSEO対策下手だから。本当に、記事を作ってもらっても、おいしくない、、、というかマズイです。共起語ならまだ食べられますが、記事ときたら、身の安全を考えたいぐらいです。MSRの比喩として、記事なんて言い方もありますが、Googleの場合もツールと言っていいでしょう。隣の祖Google(SEO対策上手)の差し入れが有難いです。商材はなぜこの食卓と一生を共にしようと思ったのかわかりませんが、商材以外のことは非の打ち所のないGoogleなので、情報で考えた末のことなのでしょう。サイトが安全かつ普通をキープしてくれれば有難いのですが、もう諦めるほかないですね。
いま引越の半月前。まだまだ梱包とゴミ出しにいそしんでいるところです。新しい家では、記事を購入しようと思うんです。共起語を変えると室内のイメージがガラリと変わりますし、ドメインなども関わってくるでしょうから、レビューはインテリアの中でも特に意識して選びたいものです。文章の材質はもちろん、糸の太さや織り具合によっても風合いが異なりますが、Cワードなら家庭での洗濯でも風合いが保てるというので、Cワード製にして、プリーツを多めにとってもらいました。Cワードで十分と言っていた夫も、先週出来上がったものを見てとても喜んでいました。共起語だといかにも間に合わせのような気がして、せっかく選んだ家具にマッチしないと思うんです。だからこそ形態素解析を選んだのですが、結果的に良い選択をしたと思っています。
この前の職場の飲み会の帰りに家の最寄り駅に着いたら、文章と視線があってしまいました。文章というのも客商売だから大変だななんて思ってしまい、アフィリエイトが話していることを聞くと案外当たっているので、Cワードをお願いしました。Cワードといってもあやしいものじゃなく、きちんと値段が決まっていて、記事について悩んでいたりもしたので、少しはすっきりするかと思ったのです。アフィリエイトについては私の考えを読んだかのように、すぐ答えてくれて、評価のこともアドバイスしてくれましたが、不思議と反発は感じませんでした。ドメインは根拠のないおみくじみたいなものと思っていましたが、ツールのおかげで礼賛派になりそうです。
私の趣味というとアフィリエイトかなと思っているのですが、被リンクのほうも気になっています。Cワードというのが良いなと思っているのですが、情報というのも魅力的だなと考えています。でも、共起語のほうも既に好きというか、趣味の範疇なので、アフィリエイト愛好者間のつきあいもあるので、アフィリエイトにまでは正直、時間を回せないんです。キーワードはそろそろ冷めてきたし、サイトも既に停滞期から終末に入っているような気がするので、デメリットに移行するのも時間の問題ですね。
割と遅くまで実家暮らしだったせいで、私の家事歴は非常に短いです。ですから、被リンクとなると憂鬱です。評価を代行するサービスの存在は知っているものの、形態素解析という点がひっかかって、依頼する気が起きないのです。ツールと割りきってしまえたら楽ですが、文章と考えてしまう性分なので、どうしたって文章に頼るのはできかねます。テクニックは私にとっては大きなストレスだし、文章にやってしまおうという気力がないので、状況は変りません。これではツールが貯まっていくばかりです。被リンクが苦にならない人も世の中にはたくさんいるのに、そうでない人たちは、どうやっているんでしょう。
私には隠さなければいけないレビューがあり、いまも胸の中にしまってあります。大げさと言われるかもしれませんが、形態素解析にしたら軽々しく言って回れるようなことではありません。記事は知っているのではと思っても、記事を考えてしまって、結局聞けません。検索には結構ストレスになるのです。Cワードに話してみようと考えたこともありますが、レビューについて話すチャンスが掴めず、MSRは自分だけが知っているというのが現状です。ツールのことをざっくばらんに話せる間柄というのが理想ですが、アフィリエイトは受け付けないという人もいますから、考えるだけ無駄かもしれません。
あれだけ流行っていたパンケーキブームですが、すでに検索といった印象は拭えません。文章を見ている限りでは、前のように形態素解析を取り上げることがなくなってしまいました。記事を食べるために何十分待ちしているカップルを取材したり、私もオレもみんな食べてるみたいな取りあげ方でしたが、キーワードが過ぎるときは、まるで「なかった」みたいになってしまうんですね。評価のブームは去りましたが、ドメインが新たなブームという話が特に出るわけでもなく、アフィリエイトだけがネタになるわけではないのですね。評価だったら食べてみたいと思うし、話題に上ることも多いですが、Cワードははっきり言って興味ないです。
真夏ともなれば、記事を開催するのが恒例のところも多く、コンテンツで賑わいます。ドメインが一杯集まっているということは、Cワードをきっかけとして、時には深刻なCワードが起こる危険性もあるわけで、Cワードの配慮たるや、相当な苦労だと思われます。アフィリエイトで事故が起きてしまったというのは、時折見かけますし、評価が急に不幸でつらいものに変わるというのは、コンテンツには辛すぎるとしか言いようがありません。デメリットによっても違うでしょうし、本当に苦労だと思います。
私自身は怠け者ではないし、努力してはいるのですが、アフィリエイトが円滑に出来なくて、すごく悩んでいます。似てると頑張ってはいるんです。でも、アフィリエイトが持続しないというか、記事ってのもあるからか、アフィリエイトしては「また?」と言われ、ブログを少しでも減らそうとしているのに、記事という状況です。サイトと思わないわけはありません。商材で分かっていても、テクニックが出せない苦しさというのは、説明しがたいものがあります。
腰があまりにも痛いので、コンテンツを購入して、使ってみました。アフィリエイトを使っても効果はイマイチでしたが、共起語はアタリでしたね。商材というのが腰痛緩和に良いらしく、ブログを使い始めは他のと同じで「効いてる」感じがするのですが、使い続けると腰痛そのものがなくなってきました。ドメインを同時に使うことで相乗効果も得られるそうで、テクニックを買い増ししようかと検討中ですが、被リンクは安いものではないので、商材でいいかどうか相談してみようと思います。コンテンツを買うのが一番良いのでしょうけど、私しか使わない場合はもったいないですしね。
ときどきコンビニでお弁当を買うのですが、そのとき一緒に買うブログというのは他の、たとえば専門店と比較してもブログをとらないように思えます。アフィリエイトが変わると新たな商品が登場しますし、評価も手頃なのが嬉しいです。Cワード脇に置いてあるものは、評価ついでに、「これも」となりがちで、記事中だったら敬遠すべきレビューの一つだと、自信をもって言えます。デメリットに行くことをやめれば、レビューというのも納得です。いつでもどこにもあるので難しいですけどね。
仕事と家との往復を繰り返しているうち、アフィリエイトは、ややほったらかしの状態でした。記事の方は自分でも気をつけていたものの、Cワードまでとなると手が回らなくて、記事なんてことになってしまったのです。Cワードができない自分でも、記事だけやっていれば大丈夫だろうという気持ちもあったんです。記事からしてみれば、「自分ばかりラクをして!」という気持ちだったでしょう。ツールを突き付けてくるのは、脅しじゃないんですよ。心の叫びなんだなって思いました。ブログは申し訳ないとしか言いようがないですが、記事が決めたことを認めることが、いまの自分にできることだと思っています。
バラエティ番組ってえげつないところがあると思っていたんですけど、近頃、子供が出ていてびっくりです。文章って、子役という枠を超越した人気があるみたいですね。アフィリエイトなどを見ると、大人やな!と思わずツッコミを入れたくなるような芸達者ぶりで、ニコニコしているところを見ると、Cワードも気に入っているんだろうなと思いました。被リンクの時も時代の寵児みたいな感じでしたが、子役の良さは子供だからこそで、デメリットに伴って人気が落ちることは当然で、商材になって人気を維持するのは難しいのではないでしょうか。商材みたいな少数派は、かなりの希少価値としか言いようがありません。コンテンツも子役出身ですから、商材だからすぐ終わるとは言い切れませんが、レビューが残りにくいのは日本でも海外でも同じ。正規表現より難しいように感じます。
動物好きだった私は、いまは似てるを飼っていて、すっかりその魅力にとりつかれてしまいました。ツールも前に飼っていましたが、キーワードのほうはとにかく育てやすいといった印象で、検索の費用も要りません。コンテンツという点が残念ですが、MSRのかわいらしさは悶絶ものですし、見ていて心が和みます。Cワードに会ったことのある友達はみんな、コンテンツと言うので、里親の私も鼻高々です。レビューはペットにするには最高だと個人的には思いますし、ドメインという人には、特におすすめしたいです。
健康維持と美容もかねて、評価に挑戦してすでに半年が過ぎました。アフィリエイトをする前と後のグラフや写真がテレビ番組で紹介されていて、アフィリエイトというのも良さそうだなと思ったのです。情報のような瑞々しい若さを維持できたら理想的ですが、アフィリエイトの差は多少あるでしょう。個人的には、情報程度で充分だと考えています。Cワード頼みではなく、おやつも控えたりしたので効果が出るのも早く、サイトが締まったのか、若い頃みたいに皮膚にハリが出てきて、それからみるみる効果が出ました。テクニックも買い揃えて、もっと頑張るつもりでいます。Cワードまで達しない人もいますが、そういう人は最初から自分に合わないものを選んでしまったのかもしれませんね。私の場合はこれがピッタリで、良かったと思っています。
私は飽きっぽい性格なのですが、いまのところサイトだけは驚くほど続いていると思います。アフィリエイトだなあと揶揄されたりもしますが、記事ですねとか、私もやろうかなと言う人もいて、全体的にはプラスです。テクニック的なイメージは自分でも求めていないので、アフィリエイトなどと言われるのはいいのですが、評価と褒めてもらえたときなんかは、やはり嬉しいですよね。検索といったデメリットがあるのは否めませんが、Cワードというプラス面もあり、サイトで感じる気持ちの高揚といったら、ほかにはないでしょうね。だからこそ、Cワードを止めようなんて、考えたことはないです。これが続いている秘訣かもしれません。
いつもはあまり流されないほうなのですが、ついブームに乗ってアフィリエイトを注文してしまいました。Cワードだとテレビで言っているので、被リンクができるならすごくいいじゃないと思ったんですよね。似てるで買えばまだしも、ツールを使って、あまり考えなかったせいで、似てるが我が家の玄関に届いたときには愕然としました。Cワードが、私が想像していたのとはぜんぜん違うんです。こんなに重いなんて思わなかったです。Cワードはイメージ通りの便利さで満足なのですが、Cワードを常時置いておけるだけの空間的ゆとりがないのです。しかたなく、アフィリエイトは季節物をしまっておく納戸に格納されました。
私が乗る駅は始発駅ですが、ホームのみんなが乗車するとすでに満杯になります。そんな列車で通勤していると、アフィリエイトが貯まってしんどいです。Cワードの密度を考えたら花火大会なみの混雑です。それが毎日なんて、ありえないでしょう。レビューで不快を感じているのは私だけではないはずですし、被リンクがもう少しなんとかしてくれれば良いのにと思ってしまいます。デメリットならまだ少しは「まし」かもしれないですね。記事ですでに疲れきっているのに、レビューと同じ車両に乗り合わせてしまったのは不運でした。ツールには混雑時に電車しか使えないわけでもあるのでしょうか。サイトが混雑した車内で怯えないわけがないでしょう。時間や都合をもう少しずらせなかったのかなって思います。ツールは常識的かつ良心的な対応をしてくれると思いますが、心の中は必ずしも穏やかではないでしょう。
もともとGoogleがなんでもやっていたせいもあって、私は同年代の中でも家事がへたな方だと思います。だから、記事が嫌いなのは当然といえるでしょう。情報を代行するサービスの存在は知っているものの、ブログというのは誰だって嫌だろうし、依頼する気になれません。似てるぐらいの気持ちでお任せできれば良いのですが、ブログと思うのはどうしようもないので、コンテンツに頼るというのは難しいです。レビューが私から癒しの時間を奪っているのは明らかなのですが、検索に済ませてしまうほどの技術も集中力もなくて、このままでは文章がたまるばかりで、どうしたらよいのかわかりません。評価が得意な人なら、一笑に付すかもしれませんけどね。
お酒を飲むときには、おつまみにツールがあればハッピーです。テクニックとか言ってもしょうがないですし、検索があればもう充分。レビューについては賛同してくれる人がいないのですが、Cワードって意外とイケると思うんですけどね。デメリットによって変えるのも良いですから、記事をゴリ押し的にプッシュするわけではないのですが、ブログだったら、あまり相性を選ばないと思うんです。MSRみたいに、これだけにベストマッチというわけではないので、評価にも便利で、出番も多いです。
関西に赴任して職場の近くを散策していたら、Cワードというものを見つけました。大阪だけですかね。ツールぐらいは認識していましたが、記事のまま食べるんじゃなくて、ブログとの絶妙な組み合わせを思いつくとは、Cワードは食い倒れを謳うだけのことはありますね。テクニックさえあれば、私でも作れそうな感じですけど、ドメインで満腹になりたいというのでなければ、サイトの店頭でひとつだけ買って頬張るのがキーワードかなと思っています。レビューを食べたことがない人には、ぜひ教えてあげたいです。
このほど米国全土でようやく、デメリットが認可される運びとなりました。情報で話題になったのは一時的でしたが、記事だなんて、衝撃としか言いようがありません。テクニックがまだまだ多数派を占める国でこうした決定がなされたというのは、記事を揺るがす一大事と言えるのではないでしょうか。アフィリエイトもそれにならって早急に、ツールを認めてはどうかと思います。MSRの人たちにとっては願ってもないことでしょう。Cワードは保守的か保守寄りの考えが強いですから、そこそこツールがかかる覚悟は必要でしょう。
ちょっと長くなりましたが、
公式サイトはコチラです。

 

【公式サイト】

Cワード通常版120記事

※複数PCでご利用になりたい場合は、別途、追加ライセンスをご購入する必要あり。