ホームページ作成ソフト.net

ネットで稼ぐためのサイト運営に最適なツールアフィリエイトするならSIRIUSがいい理由

ホームページのトップページタイトルの付け方SEOを意識した考え方

ホームページタイトル

ホームページを作る際、作ったホームページへ人が来てもらえるよう検索結果で露出できるような施策が必要です。

その施策で必要になるのがSEOです。

検索で露出させることを意識すると以下の項目が大事です

  • 検索エンジンがそのページを見つけやすいように意識してページを作る
  • 検索結果をみて閲覧する人が見たくなるようなタイトルにする
  • 検索して来訪した閲覧者の役に立つ内容であるよう整える

わかりやすく言うと

  • Googleに見つけやすくする
  • 検索結果でユーザーがクリックしたくなるページタイトル
  • 訪問したページが検索語とマッチする内容である

という感じで各ページを作りこむ必要があります。

ホームページ(トップページ)のタイトルの付け方

ホームページを作るとトップページやカテゴリーページ、商品詳細ページやブログ記事ページなどさまざまなページが出来ていくことでしょう。

ホームページとは、そのドメインを構成するページ群

というふうに捉えるとトップページはホームページの顔になります。

検索エンジンはホームページの顔であるトップページも単一のページとして何らかのキーワードに言及してる1ページとして評価をします。

検索結果で何らかのキーワードで目立ちたいのであればトップページはそのキーワードを言及してる内容にしなければいけません。

トップページのタイトル作成例

HTML上で<title>タグで囲まれた部分がページタイトルとなります。
様々なホームページ作成ソフトでページの名称(タイトル)を入力する欄が必ずあるはずです。ページタイトルはトップページ、カテゴリーページ、商品詳細ページなどすべて異なるものになるのが基本です。

例えばコーヒーを扱う仕事の場合

  • コーヒー豆を売りたい
  • コーヒーを飲むお客さんを誘導したい
  • コーヒーの焙煎業務を請け負いたい
  • コーヒー豆の卸業下請けを探したい

と言った風に

コーヒーという言葉ひとつをとっても商売の形態次第で説明すべき内容も変わってくるはずです。
商売の内容がコーヒー豆の販売であれば通販や地域で店舗販売を促進するような言葉を言及すべきです。商売の内容がコーヒーを飲むお客さんを呼び込みたいのであれば地域のお客様候補にリーチできるようなページ作りを考えないといけません。

商売の内容が焙煎業なのであればコーヒーショップのオーナーや販売店の担当者にリーチする方向でページ内容を考えないといけません。それらすべてを行っているのであればすべての対象者に向けたそれぞれのページを保つ必要があります。

ホームページタイトル作成例

  • コーヒー豆を売りたい
    贈り物にも喜ばれる香り高いコーヒー豆の通販専門店|○○○○珈琲
  • コーヒーを店で飲むお客さんを誘導したい
    渋谷のオシャレな隠れ家カフェPC電源のある喫茶店|BBBカフェ
  • コーヒーの焙煎業務を請け負いたい
    焙煎機と焙煎職人がオリジナルブレンドのお手伝い|○○珈琲焙煎所

などといったふうに例を上げることが出来ます。

コーヒー豆をネットで売るのであれば
  • 近所のスーパーで買わずにネットで買う人にリーチ
  • 近所のスーパーで変えるコーヒー豆との違いを訴求

といった考え方で言葉を選びページタイトル、ページ内容に反映させていくべきです。

また同じ販売でも地域密着での売上も必要な場合(実店舗)、地域名称もページタイトルに含ませたタイトルとリッチの説明やマップを挿入したページ構成が望ましい。

地域販売同様に店舗へお客様を誘導したい場合も地域名をページタイトルに含ませた考え方が大事です。同時に誘導を考えるのであればホームページだけでなくGoogle Mapsへの店舗登録も非常に有用ですのでぜひ登録してみてください。Googleプレイス登録

以上のような例をあげましたが、まとめますと

  • あなたの売り物は何?(具体的に)
  • あなたの商売相手は誰?(具体的に)
  • あなたの商売の土俵はどこ(具体的に)

この3つのポイントを具体的にすることから始まります。

商売内容が具体的であれば購買者(ターゲット)も具体的に選定できます。

その上でそのターゲットが検索しそうな言葉をじっくり考えてホームページのタイトルにすることで検索に露出しやすくなり、検索で見つけてくれた検索ユーザーに好まれるページになりやすい。

ユーザーに好まれるページは徐々に検索結果で強くなっていきます。

これが今とこれからのSEOですので、万人を狙うページではなく、それぞれのページがひとつの言葉を言及し商売全体を解説しユーザーに理解してもらえるような心遣いでホームページ作成をすることが大事です。

トップページのタイトルは先にあげたような考えでドメイン全体で言及できるキーワードをメインキーワードとしていれる(ここではコーヒー豆)。

サイト内の各ページは個別のページごとに内容にあったタイトルを考えることで個別ページもトップページも検索で評価されやすい内容に近づきます。

 

 

普段お使いのホームページ作成ソフトは何ですか?よろしければ人気投票にご協力ください >ホームページ作成ソフトアンケート投票<

おすすめアフィリエイト用ホームページ作成ソフト★★★

誰もが読みたくなるページを作れる

1カラム対応ホームページ作成ソフトSIRIUSシリウス

Return Top