ホームページ作成ソフト.net

WordPressユーザーに便利な機能WordPress簡単インストール付サーバー比較※アダルトOKサーバー含む

WordPressのURLからカテゴリー(category)を消す方法〜プラグインWP No Category BaseとSEOの話

WordPressを使っているとふと不満に思うこともあります。

パーマリンク設定を投稿名にした際カテゴリー表示時のパーマリンク表示

WP No Category Base

このURLに出てくるカテゴリーのスラッグ

/category/

という文字。

これを消したい場合

WP No Category Baseというプラグインを使います。
URLがスッキリします。

WP No Category Baseの使い方

WordPressのプラグイン画面でWP No Category Baseと検索すれば出てきます。

WP No Category Base 使い方

インストールすると

プラグインを有効化

これだけでURLのカテゴリー部分がスッキリします。

2014-03-19_17-20-33

カテゴリー表示はSEO的にどうなの?

SEOの世界で内的SEOを語る時

サイト内のページを検索で露出強化するためには

  1. ドメイン直下のトップページ
  2. ドメイン直下の子ページ
  3. 1階層目のカテゴリー
  4. 1階層目の子ページ
  5. 2階層目のカテゴリー
  6. 2階層目の子ページ

といった順序で検索エンジンの評価がされやすいという話がありました。
(過去形です(笑))

2014年の時点では

このようなURL構造による評価で検索順位が動くというのはあまり大きくは見受けられません。

ただし、

あまりにも閲覧者や検索エンジンが回遊しにくいリンク構造で深い階層にページが有る場合はこのような理屈も関係してくるかもしれません。

現在の内部SEOを考えURL設定をするなら

このような階層構造によるメリット・デメリットを意識するよりも

  • 各ページへのリンク(ユーザーに見やすい位置)
  • わかりやすい言葉、意味のある言葉でページ名スラッグ生成

に意識をもってURLを設定すべきでしょう。

そういう意味で考えると

意味をもたせたページ名の前にcategory

なんてフォルダ(スラッシュ)が入るのはいいんだか悪いんだか、、、。

個人的にはなくしたほうがスッキリして気分いいかなという感じです(笑)

みんなが使う定番HP作成ソフトでスマホ対応ページも同時生成

ずっとバージョンアップし続けるので快適な作業ができるHP作成ツールです。
【SIRIUS公式サイトはこちら】初心者でも売上が上がるサイトが作れるベーシックなHP作成ツールの解説


WordPress派にはこちらもオススメです
スマホでのコンバージョンUPに最適。WordPressでリスティング広告用LPを作成する定番のワードプレステーマ
LP作成時に便利なWPテンプレートの解説

おすすめアフィリエイト用ホームページ作成ソフト★★★

誰もが読みたくなるページを作れる

1カラム対応ホームページ作成ソフトSIRIUSシリウス

Return Top